確実にクレジットカードを作るなら学生の期間がおすすめ

さまざまなカードが発行され、キャッシュレス化が進んだ現代生活において欠かすことができないものと言うことができるカード、それが学生向けクレジットカードです。現金を持ち歩くことなく商品購入時の会計を済ますことができ、その会計にあたってカード独自のポイント還元を受けることができるケースが多いカードでもあります。

さらにはインターネットを利用したオンラインショッピングなどの会計にも用いることができ、支払い時に掛かる手数料などの面において優れているため、オンラインショッピングを利用するのであれば一枚は保有しておきたいカードでもあるといった一面も持っています。

使用した分の支払いを後日にまとめて行うことができるカードであるため、家計のやりくりがしやすいのもポイントです。そんなクレジットカードを作成するにあたっては、まずカードを発行している業者ごとに異なる独自の基準が設けられた審査を受け、それに通過しなければなりません。

審査時に主に見られる代表的な項目としては、職業や年収、居住形態やその年数、借入れたお金の返済が滞った過去がないかといったポイントを挙げることができ、そういった属性を総合的に判断して、カードの発行が可能か否かを判断されるのです。

この属性という判断材料において、下手に社会人として働いているよりも、より好材料だとされる属性、それが大学生などの学生となります。大学に通うことができるという経済状況に加え、将来の仕事の安定性も考慮して高属性と判断されるためです。

将来的にクレジットカードを持つことを考えているのであれば、審査に通りやすい学生の期間につくっておき、クレジットカードの使用履歴を積み重ねておくのがオススメなのです。

 

積極的におこなわれているクレジットカードのキャンペーン

クレジットカードは、カード会社や金融機関が発行しているカードショッピング用のカードです。デパートやコンビニエンスストアなどでの買い物で使用できます。インターネットショッピングでも使用できます。カードショッピングをすると、その代金の一部が、発行しているカード会社や金融機関に支払われます。

クレジットカードの契約者が増えて、カードショッピングが多くおこなわれるほど、カード会社や金融機関が儲かるという仕組みになっているのです。そのためカード会社も金融機関も、契約者を増やすために積極的にキャンペーンをおこなっています。

たとえば年会費が無料になるキャンペーンや、1000円ほどの現金がキャッシュバックされるというもの、知人や友人を紹介するとプレゼントがもらえるというものなどです。また契約した後も、カードショッピングを多く利用してもらうために、ポイント付与率のアップや割引などのキャンペーンをさかんにおこなっています。

クレジットカードの種類はかなり豊富にあります。その中で消費者に選んでもらうために、カード会社も金融機関も、他のどのクレジットカードよりもお得だと認識してもらえるようなキャンペーンを多く用意しているのです。